2015年11月10日

歯石除去と鎮静剤の影響

昨日、2ワンズの歯石除去とステラの角膜の処置を

受ける為、病院に預けて飼い主はランチへ



Bakery&Cafe Dining RACCOLTA.jpg

Bakery&Cafe Dining RACCOLTA>

5時半にお迎えに行くとステラが未だ、

もうろうとしており体温も低かった。

院長先生から歯石除去と目の処置についての説明を受けた。

鎮静剤が体から抜け切っていない為、意識が

もうろうとしているので血流を促すために

歩かせるように言われたが、立てる状態ではなかった。

鎮静剤の影響は高齢により代謝が悪くなっている為、

点滴と体を温めて促進をはかってくれたようだが

目覚めがかなり鈍い。

病院から貸して頂いた湯たんぽで

体温が下がらないよう

ステラを抱き、会計を待っていたら、

足に生温いものを感じた。

湯たんぽが漏れた???

ステラが失禁をしていた。

受付の方がタオルとトイレシートをくださり、

処理をしていたら院長先生が直ぐに

ステラを抱きかかえ処置室で刺激を与えて排尿を

させて下さったようだ。

家に着いてからも寝たまま。。。

お布団に寝かせると再び失禁。

深夜過ぎに落ち着いてきて

今朝は元気に朝ごはんを

食べたことでやっと、本当に落ち着いた。

今まで鎮静剤の影響がなかったが

今回の件で、これからの歯石除去や

角膜手術の麻酔の影響を考えている。。。


薬.JPG

眼球には浮腫が出来、新たにお薬が追加





ニックネーム nonko at 09:17| Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする