2015年11月10日

角膜の傷

10月の中旬にステラの眼球に赤い斑点を発見。


翌日、病院で診てもらうと角膜の傷によるものということで

3種類の点眼液を処方してもらう。

1週間後再診

傷の治癒に毛細血管が集まっていたのが引いてしまっていることで

赤い斑点がシミになり残こり、光は通すがこの斑点の部分の

視界がぼやけていることを説明された。

この斑点を除去するには角膜を剥がす手術を

2度受けないといけないらしい。

緊急性はないこと高齢による麻酔の負担が心配で保留に

させてもらうことに・・・。


10月末日に歯石除去の予約と目の状態を

診てもらうため病院へ病院


目の状態は前回と変わりなし。

院長先生から歯石除去の時に角膜に傷を入れて再生を

促してみてはどうかと提案された。

手術ではなく歯ブラシみたいなもので角膜を

軽くこする処置なのでお願いをすることにした。


アエレカフェ.jpg

アエレカフェのオーナーさんのワンコも13歳で

高齢期による病気を発症したけれど、適切な処置で

元気に過ごしているとのお話を聞き、人間もワンコも

早期発見がなにより一番だと改めて思った。

ニックネーム nonko at 08:04 | TrackBack(0) | Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4099547
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック